自分軸を持つことで、夫の不倫問題に対処するための力がつきます

すぐに逆ギレする夫との不倫問題の話し合いは避けた方が良い!?

 

こんにちは。
カウンセラーのNAOKOです。

 

不倫をしている夫に、「私はあなたが不倫をしていることを知っている。不倫を止めて欲しいと思っている」とのように、面と向かって伝えるのはものすごく勇気がいることです。

 

その後で、逆切れされるかもしれないし、離婚だ!と言われるかもしれないし・・とのように、夫からの反応を想像すると怖くて伝えることができなくなることもあります。

 

特に、不倫をしている人は、心の奥底では「罪悪感」を感じていることが多いので、表面上では「逆ギレ」という形でそれを表すことがあるんですね。

 

同時に、バレたら責められるかもしれない、見捨てられるかもしれない、こんな俺はもう決して受け入れられるわけがないとのように「恐怖心」も抱えていることがあります。

 

罪悪感や自己嫌悪、恐怖心が重なった時に、逆ギレをしてなんとか逃れようとします。

 

逆ギレ=自己防衛と思って下さい。

 

逆ギレしやすい夫ほど、面と向かって不倫の話し合いをすることを避けた方が良い場合があります。

 

自己防衛をすることに必死になり、【妻の苦しい気持ちや、不倫を止めて欲しい気持ちを受け取ることができなくなるから】です。

 

 

この場合は、できるだけ手紙かメールで気持ちを伝えることをお勧めしています。

 

一人で読むことによって、少なからず「自己防衛をしよう」という邪魔な気持ちは減りますからね。

 

逆ギレされる率がぐんと減ります。

 

更に、文章として「視覚から捉えた方が、脳の記憶に残りやすく」なります。

 

冷静ではないときに面と向かって伝えるよりは、妻の気持ちが心に入りやすくなるんですね。

 

ただ、伝える「内容」と「目的」が一番重要です。

 

単に、「不倫を止めて欲しい」ことだけを伝えても、不倫を止めることに繋がらないこともあります。

 

それだけでは、「本人が真剣に考える」ことにまで至りにくいんですね。

 

 

「慰謝料請求をすれば不倫相手と別れるだろう」と思われている方もいると思いますが、「本人が止めたい」と思わない限り水面下で不倫は続くことがあります。

 

表面上だけ不倫相手と引き離したとしても、また不倫が繰り返されたり水面下に入られることがあるんですね。

 

根本的な部分が解決されていないからです。

 

慰謝料請求のような最終手段に入る前に、何度かご自分の気持ちを手紙等で伝えて、不倫をしている夫に「考えさせる機会」を与えましょう。

 

そうすることで、最終段階に入ったとしても、リスクをかなり減らすことができますし効果も期待できます。

 

 

その他の記事はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

<読むだけでカウンセリング〜解決へと導くサポートブック>

 

「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック」(夫の不倫が継続中の方向け)

 

「夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック」(夫の不倫が終わっている方向け)

 

 

不倫問題専門 心理カウンセラーNAOKO(松宮直子)

 

1974年 東京生まれ。H28 5月〜富山県から東京へ拠点を移しました。更に活動の幅を広げていく予定です。

 

相談実績2,500件以上 主に、夫の不倫問題に対処するためのカウンセリングや、夫の不倫後の妻の心のケアのカウンセリングを行っています。

 

ご相談者さまの「心に寄り添い」「最大限に自己解決能力を引き出す」ことを何よりも大切にしています。

 

口コミで知名度も上がり(ありがとうございます)、リピート率も高いため、最も予約が取りづらいカウンセラーと化しています(^_^;)。

 


 
無料メルマガ サポートブック サービス・料金 カウンセリングのご感想 プロフィール