自分軸を持つことで、夫の不倫問題に対処するための力がつきます

不倫をしている夫から一方的な離婚を要求されたら・・

 

こんにちは。
カウンセラーのNAOKOです。

 

夫が不倫に至ってから間もなく、妻に対して「離婚をしてくれ」「一人にしてくれ」「自由になりたい」とのように、一方的に離婚を要求してくるケースがあります。

 

特に、真面目で罪悪感を感じやすい人、不倫相手に離婚を急かされている人ほど、上記のような一方的な要求をしてくることが多いです。

 

大半の方は、その場の感情だけで動いているので、「離婚をした後にどうしたいのか」「本当に心から離婚を望んでいるのか」をしっかり考えていません。

 

突っ込んで聞くと、「そこまで考えていない・・」と返答する方が多いですから(^_^;)。

 

あまりにも一方的過ぎますし、妻側も心の準備などできていませんよね。

 

 

妻が離婚を望んでいない場合は、

 

「あなたはそのように思っているのね。でも、離婚をするかどうか私が決めます」とのように、主導権を夫に渡さないようにして下さい。

 

そして、繰り返し「自分の気持ちや意見」を伝えるようにして下さいね。

 

夫が向き合おうとしなくても、伝えるだけでも違いますから。

 

いずれその言葉が耳に届くなる日が来る・・と信じて伝えることが大切です。

 

 

夫側は「なぜわかってくれないんだ!」と逆ギレすることもあると思いますが、一方的な要求をすぐに受け入れることなどできません。

 

何度も離婚要求をされても、「私は離婚を受け入れたいのか、そうではないのか」とのように、自分の気持ちを優先にして考えて下さいね。

 

特に、熱病状態が強い不倫が始まってから半年ほどは、「離婚をしてくれ」「一人にしてくれ」と訴える方が多いです。

 

熱病状態が収まってくると、パッタリと離婚を要求することがなくなることも多々あります。

 

次第に熱病状態が落ち着き、不倫関係を精算される方もいます。

 

一時的な熱病状態からの言動には、できるだけ振り回されないように、「自分はどうしたいのか」という軸をしっかり持って対処をしましょうね。

 

 

その他の記事はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

<読むだけでカウンセリング〜解決へと導くサポートブック>

 

「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック」(夫の不倫が継続中の方向け)

 

「夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック」(夫の不倫が終わっている方向け)

 

 

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)のプロフィールはこちら

 

サービス・料金・ご予約状況はこちら

 

不倫問題専門 心理カウンセラーNAOKO(松宮直子)

 

1974年 東京生まれ。H28 5月〜富山県から東京へ拠点を移しました。更に活動の幅を広げていく予定です。

 

相談実績2,500件以上 主に、夫の不倫問題に対処するためのカウンセリングや、夫の不倫後の妻の心のケアのカウンセリングを行っています。

 

ご相談者さまの「心に寄り添い」「最大限に自己解決能力を引き出す」ことを何よりも大切にしています。

 

口コミで知名度も上がり(ありがとうございます)、リピート率も高いため、最も予約が取りづらいカウンセラーと化しています(^_^;)。

 


 
無料メルマガ サポートブック サービス・料金 カウンセリングのご感想 プロフィール