自分軸を持つことで、夫の不倫問題に対処するための力がつきます

複数人の女性と不倫をする人の思考

こんにちは。
カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です。

 

 

何人もの女性と平行して不倫をする人の思考はどうなっているのでしょうか?

 

無意識(意識できていない)からの行動なので、本人は自覚できていないと思いますが、複数人の女性と平行して不倫をする人にはいくつかの特徴があります。

 

特徴として挙げられるのは・・

 

・妻一人と向き合うのが怖い(いつ見捨てられるかわからない不安感がある)

 

・他の女性と不倫をしても不安は消えないので、その不安を隠すために、他の女性とも不倫をする

 

・「不倫をしている人の人数=自分の存在価値」を示している

 

・一人でも多くの女性に自分のことを気にかけてもらいたい

 

・不倫相手一人一人に対する想い入れはさほどない(愛情などない。自分の存在価値を図るために囲う)

 

上記のようなことを無意識に求めている傾向があります。

 

心の癖としては強い方なので本人が自覚しない限り修正することは難しいのですが、自分の心と向き合い自覚することによって修正することは十分に可能です。

 

ただ、ダイレクトに「自分の心と向き合ったら?」と言ってしまうと、プライドを傷つけてしまい更に向き合うことから避けてしまうので注意が必要ですね。

 

 

他にも、不倫をすること自体を軽視している(不倫をするハードルが低い)、刺激を常に求めていないといられない強迫観念などを持ち合わせていることもあります。

 

数々の女性と不倫をしている=根っからの女好きなのではないか?と思うでしょうが、実は心の深い部分では様々な不安や恐れを抱えています。

 

このような不倫癖がある人も、結果的には誰からも深く想われることはありませんので、最後に残ってしまうのは「孤独」です。

 

本人が少しでも自覚をすることができれば、負のスパイラルから抜け出すことは十分に可能です。

 

 

その他の記事はこちら

 

<読むだけでカウンセリング〜解決へと導くサポートブック>

 

「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック」(夫の不倫が継続中の方向け)

 

「夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック」(夫の不倫が終わっている方向け)

 

 

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)のプロフィールはこちら

 

サービス・料金・ご予約状況はこちら

 

不倫問題専門 心理カウンセラーNAOKO(松宮直子)

 

1974年 東京生まれ。H28 5月〜富山県から東京へ拠点を移しました。更に活動の幅を広げていく予定です。

 

相談実績2,500件以上 主に、夫の不倫問題に対処するためのカウンセリングや、夫の不倫後の妻の心のケアのカウンセリングを行っています。

 

ご相談者さまの「心に寄り添い」「最大限に自己解決能力を引き出す」ことを何よりも大切にしています。

 

口コミで知名度も上がり(ありがとうございます)、リピート率も高いため、最も予約が取りづらいカウンセラーと化しています(^_^;)。

 

 

 

 

 


 
無料メルマガ サポートブック サービス・料金 カウンセリングのご感想 プロフィール