自分軸を持つことで、夫の不倫問題に対処するための力がつきます

「離婚だ!」と騒ぎながら行動しない夫の心理

 

こんにちは。
カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です。

 

夫に不倫のことを指摘すると、すぐに「離婚だ!」と逆切れして話し合いにもならないこともあります。

 

妻としては「夫が不倫をした」という事実だけでも自信を失っているのに、夫に「離婚だ!」なんて言われたらそれ以上何も言えなくなりますよね。

 

それ以上言ってしまったら、本当に離婚されてしまうかもしれない・・

 

離婚をされてしまったら、これからの生活どうしよう・・・

 

そんな不安がぐるぐると頭をよぎります。

 

夫の心が完全に離れてしまったのでは・・という落胆と絶望と、これからどうしよう・・という経済的・精神的な不安が一気に押し寄せます。

 

夫に自分の人生の全てを握られているようで嫌ですよね。

 

 

でも、「離婚だ!」と逆切れするわりには、離婚についての話し合いをするわけでもなく、家にもちゃんと帰ってくる。

 

しばらくすると、いつもの夫に戻り、なんとなく普段の生活が始まる・・・。

 

挙句の果てには「不倫」のことなんてなかったかのように振る舞う夫。

 

ご飯もよく食べ、夜もグーグー寝ている夫。

 

そんな夫を見ると、殴り倒したくなりますよね。

 

「こっちはどんな思いでいると思うんだ!」って。

 

妻としては、不倫という事実で傷つき、離婚と告げられ不安でいっぱいなのに。

 

夫の態度や顔色一つで振り回される毎日に疲れ果てます。

 

 

「離婚だ!」と騒ぎながら、離婚という行動に移さない夫は何を考えているのでしょうか?

 

多くは「本気で妻と離婚をする」ことは考えていません。

 

妻に不倫のことを指摘されることが「怖くて」、脅しているだけに過ぎません。

 

「離婚だ!」と言えば、妻はこれ以上「不倫のことについて指摘することはないだろう」と思っているのです。

 

「妻が本気で離婚をするわけもない」という甘い発想も持っています。

 

夫の中では・・・

 

不倫を認めることもできない(認めてしまったら終わりだという思考)

 

今すぐ不倫を止める勇気もない

 

現段階で妻にどう答えていいのかわからない

 

自分でもどうしていいのかわからない

 

こんな思いに支配されていて、八方塞になり、逆切れして妻を脅すことでしか「逃げる術」がないのです。

 

 

「離婚だ!」と騒ぐわりには、ちゃんと家に帰ってきたり、食事をしたりするのであれば、本気で離婚をするつもりはありません。

 

こんな風に突き放されてしまうと不安でいっぱいになると思うのですが、そのまま「何も指摘をしなければ」夫の思うツボにもなってしまいます。

 

このようなやり取りが繰り返される度に、夫は「妻に強く言えば、黙るだろう。これ以上、何も言ってこないだろう」という「ずるい」学習をしてしまいます。

 

面と向かって不倫のことを指摘するのが怖いのであれば、メールか手紙でも良いので自分の気持ちを伝えてみましょう。

 

不倫をしている人は、「不倫をされた側の苦しみ」の想像ができません。

 

妻がどんな思いになっているのか、妻はどうして欲しいのかを伝えない限りは、不倫を止めるきっかけにも繋がりません。

 

怖くてまだまだ伝えられないときは、伝えることをお休みしましょう。

 

もし、伝えたくなったときは、自分が伝えやすい方法で伝えてみましょうね。

 

 

すぐに逆切れをする夫だったり、全く妻の話を聴こうとしない夫だと、「もう夫に指摘しても無駄だ」と諦めてしまうこともありますよね。

 

指摘をしてもすぐに不機嫌になられると疲れますし、伝えるより「黙っていた方が自分の心を守れる」からです。

 

ただ、「このままだと夫の不倫は終わりそうにない。やっぱり夫に自分の気持ちを伝えたい!」と思ったときは、夫の反応よりも自分の心を優先させてあげましょうね。

 

一時的に夫の態度は悪くなるかもしれませんが、それでも「自分の心を尊重できた」ことには変わりありません。

 

その「自尊心」が、本当の意味で不倫をしている夫に立ち向かう勇気になるはずです。

 

 

<関連記事〜不倫夫への対処の仕方>

 

「妻に不倫がバレた途端に家を出たり、冷たくなる夫の心理」

 

「反省をしない不倫相手の頭の中」

 

「ようやく夫が不倫相手と別れました」

 

不倫問題に対処するには、「NO!と言える日本人になれるか」がカギ(note限定記事)

 

「「夫が不倫を止めない」という状況の中での乗り越え方」(note限定記事)

 

「夫の不倫への対処は、可能な限り「リスク」を減らす」

 

「妻にバレなければ、不倫は長期化する可能性大」

 

「不倫をしている人に「正論」は通用しないの?」

 

「不倫の発覚と同時に家を出ていく夫の心境」

 

「不倫をしている夫にどのように対処をしたらいいのかわからない」

 

「不倫問題を乗り越えるための3ステップ」

 

「不倫問題が解決する人に共通をするところ」

 

「不倫をしている人に「話し合い」は通用しない 」

 

「不倫者同士の言葉は吸収しないように」

 

「不倫をしている夫を取り戻さなければいけない」

 

「不倫をしている夫から一方的な離婚を要求されたら・・」

 

「すぐに逆ギレする夫との不倫問題の話し合いは避けた方が良い!?」

 

「不倫をしている夫の携帯を見る?見ない?〜コントロールを取り戻そう〜」

 

「理不尽な状況をどうやって乗り越える?」

 

「不倫問題を乗り越えるには、自尊心を取り戻していくことが大切」

 

「夫に不倫のことを指摘するのが怖いとき」

 

「「自分で決めること」に勝るものはなし」

 

「妻に不倫がバレて家を出ていく夫の傾向 」

 

その他の記事はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

<読むだけでカウンセリング〜解決へと導くサポートブック>

 

「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック」(夫の不倫が継続中の方向け)

 

「夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック」(夫の不倫が終わっている方向け)

 

 

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)のプロフィールはこちら

 

サービス・料金・ご予約状況はこちら

 

不倫問題専門 心理カウンセラーNAOKO(松宮直子)

 

1974年 東京生まれ。H28 5月〜富山県から東京へ拠点を移しました。更に活動の幅を広げていく予定です。

 

相談実績2,500件以上 主に、夫の不倫問題に対処するためのカウンセリングや、夫の不倫後の妻の心のケアのカウンセリングを行っています。

 

ご相談者さまの「心に寄り添い」「最大限に自己解決能力を引き出す」ことを何よりも大切にしています。

 

口コミで知名度も上がり(ありがとうございます)、リピート率も高いため、最も予約が取りづらいカウンセラーと化しています(^_^;)。

 

 

 


 
無料メルマガ サポートブック サービス・料金 カウンセリングのご感想 プロフィール