自分軸を持つことで、夫の不倫問題に対処するための力がつきます

「惨め」なのは妻?それとも不倫相手?

 

こんにちは。
カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です。

 

 

「不倫女から見た妻はきっと惨めなのだろう・・」という記事が目に留まりました。

 

妻からしたら、大好きな夫を奪われて、身も心もボロボロになり、一方不倫相手は「私が奪ってやったわ!」という優越感に浸りながら勝ち誇っている。

 

不倫相手が自分よりも若い年齢だと、自分の年齢に腹正しさを感じ、「敵いっこない」という絶望感に襲われることもあるでしょう。

 

自分の姿を鏡で見るのも嫌になる・・とまで感じる方もいます。

 

誰でも、不倫をされた妻は思うのではないでしょうか。それが自然だと思います。

 

ただ、「そこに真実があるか?」というとそうではないと思います。

 

実際に、不倫相手という立場の方と関わったこともあるのですが、不倫相手側からすると心のどこかで「妻には敵わない」と思っています。

 

そのように思っている人ほど、妻を攻撃したり、妻と自分を比べて「自分は勝っている」と誇示します。

 

必死でそのように「思い込もう」とします。

 

本当は、「私は二番手なんだ」「妻という立場にはなれないんだ」「本当は身体だけ?」という猜疑心でいっぱいです。

 

それも当然ですよね。不倫は不倫でしかありませんから。

 

 

人と人との絆を深めるには、「信頼関係」が必要不可欠です。

 

でも、不倫者同士は「信頼関係」などなく、嘘偽りで固められていることがほとんどです。

 

既婚男性も不倫相手も「虚栄心」ばかりが大きくなり、嘘で塗り固められた自分を演じる。

 

「奥さんより、私の方が料理が上手よ」

 

「私なら奥さんよりも、もっとあなたのことを大切にするのに」

 

どの口がほざいているのでしょうか。(たまに毒を吐きます^^;)

 

既婚男性は、

 

「妻よりも君の方が綺麗だし、愛しているよ。もう離さないよ。一生、俺の傍にいてくれないか。」

 

「俺は、結婚なんて形式なものはいらない。ただ、君が傍にいてくれればいいんだ。だからこのまま関係を続けよう。」

 

綺麗事言っているように見えて、実は不倫相手の未来など1ミリも考えていないセリフ。

 

こんな薄っぺらいやり取りがエンドレスに続くのが不倫です。

 

私は「不倫相手」という立場になりたいとも思いません。

 

既婚男性が都合の良いときだけに「使われる女」にはなりたくありません。

 

不倫という関係で、相手の「立場」や「未来」を真剣に考えている人など見たことありません。

 

既婚男性も不倫相手も。

 

ただ、刺激があって、都合の良いときに遊べるおもちゃを手放したくないだけです。

 

実際に、既婚男性が不倫相手のことをなんて言っていると思いますか?

 

「都合の良いときだけ遊べるおもちゃ」

 

何度聞いたでしょうか。

 

不倫相手が優越感を感じられるときなんて「一瞬」です。

 

妻よりも高価な物を買ってもらったとき。妻よりも素敵な場所へ連れて行ってもらったとき。

 

その場限りの「一瞬」です。

 

信頼関係などないですから、不倫者同士はその「出来事」を必死に「記録」したり、必死に「お揃いのものを身に付けたり」します。

 

信頼関係があれば、いちいち細かく記録しませんからね。

 

そんなにお揃いのものばかり付けることもないでしょう。

 

これらの行動は「信頼関係のない表れ」でもあり「未来のない表れ」なのです。

 

 

ちなみに、不倫者同士がよく行う性的行為を「動画に収める」「写真を撮る」行為は、「刺激を継続させたいだけ」なんです。

 

刺激が得られるのは行為の「一瞬だけ」なので、それだけでは足りないんです。

 

刺激が継続できるように「保存」するのです。それをコレクションにしている人もいますからね。

 

そこに相手への「想い」があるか?というとそうではありません。

 

本当に相手のことを大切に想うのであれば、そんな神聖なことを「保存」などしないでしょう。

 

正直、人間以下の扱いなんですよ。心も身体も尊重されていないのですから。

 

不倫相手の方がよっぽど「惨め」だと感じます。そのように思っている不倫相手も多いです。

 

心も身体も未来も尊重されない扱いってどうなの?って思いますからね。

 

それらを「不倫相手は受け入れている」ということなのです。

 

つまり、「私はおもちゃでもいいのよ〜。未来なんて関係ないわ。今が良ければそれでいいのよ。」と自分の人生を蔑む。

 

それ以外に、幸せになる方法を知らないし、幸せになんてなる価値もないと思っているのです。

 

 

突然降ってかかったように起こってしまった不倫問題。

 

誰にでも起こり得る問題でもあるのですが、起こってしまうと妻は身も心も蝕まれます。

 

生きていると色々な辛いこともありますが、それを未然に防ぐということほど難しいことはありません。

 

だからこそ、起こってしまったときは、自分を守りながら対処をしていくしかないのです。

 

そのためにも、自分の心と身体は誰よりも大切にし、尊重してあげましょうね。

 

 

その他の記事はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

<読むだけでカウンセリング〜解決へと導くサポートブック>

 

「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック」(夫の不倫が継続中の方向け)

 

「夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック」(夫の不倫が終わっている方向け)

 

 

無料メルマガ〜「不倫問題はこれで解決!幸せな人生を取り戻す為の最上のヒント集」

 

心理的側面から徹底的に分析し、不倫に対する対処法や傷ついた心の癒し方など夫婦間で起こる不倫問題を解決していきます!

 

2,500件以上の相談実績を持つ、カウンセラーNAOKO(松宮直子)による最上のヒント集。

 

不倫問題専門 心理カウンセラーNAOKO(松宮直子)

 

1974年 東京生まれ。H28 5月〜富山県から東京へ拠点を移しました。更に活動の幅を広げていく予定です。

 

相談実績2,500件以上 主に、夫の不倫問題に対処するためのカウンセリングや、夫の不倫後の妻の心のケアのカウンセリングを行っています。

 

ご相談者さまの「心に寄り添い」「最大限に自己解決能力を引き出す」ことを何よりも大切にしています。

 

口コミで知名度も上がり(ありがとうございます)、リピート率も高いため、最も予約が取りづらいカウンセラーと化しています(^_^;)。

 


 
無料メルマガ サポートブック サービス・料金 カウンセリングのご感想 プロフィール