自分軸を持つことで、夫の不倫問題に対処するための力がつきます

夫に指摘をするのが怖い

 

こんにちは。
カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です。

 

最近の夫の行動が怪しい・・

 

女の影があるように感じる・・と思っても、決定的な証拠がなかったり、証拠があったとしても、それを「現実として認める」こともが怖いときがありますよね。

 

「何か怪しい・・」と思っても、果たしてそれを突き詰めて、夫に真っ向から対抗ができるのか?と思うと、なかなか勇気が出ないこともあると思います。

 

突き詰めたところで「離婚」になってしまったらどうしよう・・

 

子供のことはどうしよう・・まだお父さんを必要としているのに・・

 

離婚されたらどうやって生活をしていけばいいの?

 

と「現実的なこと」が頭をぐるぐる回ります。

 

色々と考えたけれど、

 

「やっぱり今はまだ離婚はできない」

 

「だから、子供が〇歳になるまで我慢をしよう」と思って、自分の気持ちを封じ込めてしまう。

 

明らかに夫は怪しいけれど、それでも言えない・・。

 

朝帰りが増えたけれど、それでも言えない・・。

 

Yシャツにファンデーションがついているけれど、それでも言えない・・。

 

見ないようにしないと。これ以上、証拠を探さないようにしないと。

 

気が付いたら、何年も月日が経っていた。

 

でも、夫の不倫はまだ続いているような感じ・・。

 

それでも、まだ「言うべきタイミングではない」と感じ、更に自分の気持ちを封じ込めてしまいます。

 

「なんとか子供が大きくなるまで踏ん張るんだ」

 

「夫はお金を入れてくれるだけマシだと思わないと・・」

 

「夫は帰ってきてくれているからまだ大丈夫・・」

 

必死に自分に言い聞かせて、何度も何度も自分の気持ちを無理やり封印してきた。

 

 

ただ、いつしか夫に何も言えない自分に嫌気が差してきた。

 

「なぜ、自分は何も言えないのだろう・・」

 

「こんなに弱くてどうするんだ・・」

 

今度は、自分を責め始めてしまい、どんどん苦しくなってくる・・。

 

 

実はこんな風に沢山の葛藤や思いを抱えながら、不倫をしている夫と生活をしている方も多いのです。

 

でも、そうなっても無理もないですよね。

 

今まで一生懸命、夫に尽くして、子育てや家事をがんばってきて、いきなり「夫に離婚宣告」されたらどうしよう・・って思いますからね。

 

ましてや不倫をしているわけですから、妻としても自信がなくなっているのです。

 

特に、女性は結婚をして子供を産み育て・・という経緯を辿ると、独身の頃よりは経済面でも不安定になります。

 

今まで「居た」人が「いなくなるかもしれない」って感じるだけで、不安と恐怖でしかないと思うのです。

 

もちろん、理想としては、「不倫が発覚」→「夫に不倫を止めてもらうように伝える」→「夫が不倫を止めて反省をする」がベストです。

 

ただ、どう想像しても夫は「逆切れ」「言い逃れ」「離婚と言って逃げるのでは?」と思う人もいるのです。

 

そのような夫も多いのが現実です。

 

そうなると「不倫のことを指摘」するだけでも「相当な覚悟」と「勇気」が必要なわけです。

 

夫に不倫のことを指摘できないまま何年も・・それどころか十年以上も経ってしまった・・ということもあります。

 

そして、その期間ずっと我慢をして耐えてきた分だけ、更に夫に指摘をすることを踏みとどまってしまうこともあります。

 

「今言ってしまったら、今までずっと我慢をして耐えてきたことがムダになってしまう」

 

そのように感じてしまうこともあるでしょう。

 

「でも、夫に言えない自分にもいい加減に嫌気が差す・・」と自分を責め続けてしますこともあるでしょう。

 

自分がどうしたいのか?何がしたいのか?これからどうしていきたいのか?もわからなくなってきてしまうんですよね。

 

ずっと仮面を被ってきた分、何が本当の自分かもわからなくなります。

 

 

でも、それだけ「夫に何も言えない期間」があったとしても、自分を責めないで欲しいのです。

 

誰だって怖いです。いつ放り投げられるかわからない不安は恐怖でしかないもの。

 

とにかく、生きていかないといけない。子供を育てていかないといけない。

 

色々な責任や不安が付きまとうからこそ、怖くて言えなくなってしまうのだから。

 

大事なことは、

 

過去を振り返って「夫に何も言えなかった自分を責める」のではなく、そんな状況でも「守るべきものを守り、耐えてきた自分」を認めてあげて下さい。

 

夫が不倫をしているかもしれない状況下で、普通の生活を続けることは大変なことです。

 

自分の気持ちを抑え続けることも、地獄のような日々だったと思うのです。

 

それでも、その時は「そうせざるを得なかった」。

 

それが「あの時の私の精一杯のベストだったんだ」

 

こんな風に考えて欲しいんですね。

 

「どうして、あの時、私は言えなかったのだろう?」というのは、「今の自分」だから思えることなのです。

 

あの時はあの時の気持ちがあって、「今の自分」ではない。

 

振り返って自分ができなかったこと、言えなかったこと、行動できなかったことがあったとしても、「その時の自分」にはそれが精いっぱいだった。

 

そんな風に認めてあげることから始めて欲しいです。

 

何も悪いことなどしていないのだから。

 

決して、自分を責めることだけはしないで下さい。

 

 

ブログでも、このことについて触れました。

 

良かったら読んでいただけると嬉しいです。

 

 

夫の不倫を静観してしまう心の裏には・・

 

 

 

その他の記事はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

<読むだけでカウンセリング〜解決へと導くサポートブック>

 

「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック」(夫の不倫が継続中の方向け)

 

「夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック」(夫の不倫が終わっている方向け)

 

 

無料メルマガ〜「不倫問題はこれで解決!幸せな人生を取り戻す為の最上のヒント集」

 

心理的側面から徹底的に分析し、不倫に対する対処法や傷ついた心の癒し方など夫婦間で起こる不倫問題を解決していきます!

 

3,000件以上の相談実績を持つ、カウンセラーNAOKO(松宮直子)による最上のヒント集。

 

不倫問題専門 心理カウンセラーNAOKO(松宮直子)

 

1974年 東京生まれ。H28 5月〜富山県から地元でもある東京へ拠点を移しました。更に活動の幅を広げていく予定です。

 

相談実績3,000件以上 カウンセラー歴10年 主に、夫の不倫問題に対処するためのカウンセリングや、夫の不倫後の妻の心のケアのカウンセリングを行っています。

 

ご相談者さまの「心に寄り添い」「最大限に自己解決能力を引き出す」ことを何よりも大切にしています。

 

口コミで知名度も上がり(ありがとうございます)、リピート率も高いため、最も予約が取りづらいカウンセラーと化しています(^_^;)。

 

最新記事情報は、ブログにてお知らせしています!

 

 


 
無料メルマガ サポートブック サービス・料金 カウンセリングのご感想 プロフィール