自分軸を持つことで、夫の不倫問題に対処するための力がつきます

3年以上続く不倫の真実と対処法

 

こんにちは。
カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です。

 

不倫は一種の麻薬中毒のようなものです。

 

特に、PEAホルモンという別名「愛のホルモン」というものが脳から大放出されます。

 

このホルモンは覚せい剤と似た作用をもたらし、中枢神経に強い興奮を起こします。

 

うつ状態やうつ病だった人も、この作用で一気に高揚感が高まり、一時的にうつ状態やうつが解消されるほどです。

 

ただ、大量分泌されるホルモンは持続性はなく、早くても半年ぐらいから分泌が減り、長くても3年から4年と言われています。

 

いわゆる「熱病状態」「のぼせ」というものですね。

 

このホルモンが大量放出されているときは、気分がハイになっているかと思いきや、一気に疲労感や脱力感が増し、「死んだ魚のような目」になることもあります。

 

テンションが上がったり、妻に対して攻撃的になったり、無気力になってボーっとしたりと、とにかく忙しい。

 

このような状態が強いときは、妻の心の叫びも届くことは少なく、不倫をしている夫はまるで何かにとりつかれたように聞く耳すらもちません。

 

夫の不倫を止めさせようと必死になっても、暖簾に腕押しになることも多いです。

 

この時期の夫はまさに”宇宙人”になっています。

 

 

この熱病状態がマックスのときは、不倫相手と「偽りの愛の言葉遊び」を始めます。

 

「俺の運命の人だ」

 

「いつか必ず一緒になろうね」

 

「今までこんな気持ちになったことはないよ」

 

「愛しているのは君だけだよ」

 

気持ちが全く入っていないからこそ(架空の世界だからこそ)、簡単にべらべらと言えてしまう”偽りの愛の言葉”。

 

ただ、妻としてはこのような言葉を見聞きしてしまうと、「夫は不倫相手に本気だ」と思ってしまうでしょう。

 

今まで自分に向けてくれていた夫の目が、他の女のところへ行ってしまった・・・。

 

この衝撃は計り知れないものです。

 

自分に自信がなくなるのも無理もありませんよね。

 

女としても妻としても”烙印”を押されてしまったような気持ちになります。

 

実際は、不倫に「本物の愛」など存在せず、双方が自己中心的で自己満足の世界でしかないのですが。

 

相手のことなど考えもせず、”いかにして自分の欲求を満たせるかどうか”しか頭にありません。

 

 

不倫から3年ぐらいまでは、熱病状態から不倫を止められない方もいます。

 

では、3年以上・・5年や10年もの間、不倫を続けている人たちはどうでしょうか?

 

多くは「不倫をやめるきっかけがなく」ずるずると不倫関係を続けていきます。

 

普通の恋愛では、お付き合いの年月が長いほど、「絆が深い」「お互いを愛し合っている」「信頼関係がある」という認識ですよね。

 

ただ、不倫では全く当てはまらないのです。

 

3年以上もずるずる不倫関係が続く多くは、お互いに「依存しあっている」のみです。

 

そんな綺麗なものではなく、”自分の欲求を満たすためだけの相手”でしかないのです。

 

それは、性欲を処理することだったり、承認欲求を満たしてもらうことだったり。

 

つまり、不倫者双方が”自分のことしか考えていない”からこそ、いつまでも不倫を続けられるのです。

 

本当に相手のことが大事だったら、不倫というリスクのある関係をいつまでも続けることはできないでしょう。

 

特に、ダブル不倫のカップルほど不倫関係が長期になりやすいです。

 

お互いに「家庭」という大切なものはしっかり確保しながら、「不倫」という架空の世界にいつまでも浸っているのです。

 

そうやってバランスを取っているんですね。

 

家庭では安心や安定を得ていて、不倫相手からは刺激や非現実の世界を得ている。

 

二つのおもちゃがあって、どっちかを選ばないといけない。

 

でも、どっちも選べない!どっちも欲しいんだ!という駄々っ子でしかないんですけどね。

 

 

3年以上続く不倫は、静観しているだけだと何年も続く可能性が高くなります。

 

ただ、不倫相手の存在を知ってから3年経過してしまうと、「時効」によって不倫相手には何も対抗できなくなります。

 

もし、何かしらのアクションを起こしたい場合には、3年経過する前に慰謝料請求をすることをお勧めします。

 

実際は、慰謝料請求をしてお金が欲しいわけではないんですよね。

 

しっかりと不倫という代償を払ってもらいたい!今までの報いを受けさせたい!その一心だと思います。

 

ただ、法的な措置を取りたくない、不倫相手とは一切接触をしたくないと思う方もいると思います。

 

そのときは、その自分の気持ちを優先させてあげて下さいね。

 

「ベストな対処」はありますが、何をするのが正解か、不正解というものはありませんから。

 

最終的には”自分は何を望んでいるのか?”を大事にして下さい。

 

葛藤がありすぎて、自分がどうしたいのか?という答えが見つからないこともあると思います。

 

”答えを出さないことも答え”ということもありますから。今はその時期なんだと。

 

急いで答えを出す必要はありませんし、葛藤しながら試行錯誤しながら答えにたどり着けることもありますからね。

 

まずは、自分の中にある”葛藤する気持ち”を否定することなく大切にして下さいね。

 

 

 

その他の記事はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

<読むだけでカウンセリング〜解決へと導くサポートブック>

 

「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック」(夫の不倫が継続中の方向け)

 

「夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック」(夫の不倫が終わっている方向け)

 

 

不倫問題専門 心理カウンセラーNAOKO(松宮直子)

 

1974年 東京生まれ。H28 5月〜富山県から地元でもある東京へ拠点を移しました。更に活動の幅を広げていく予定です。

 

相談実績3,000件以上 カウンセラー歴10年 主に、夫の不倫問題に対処するためのカウンセリングや、夫の不倫後の妻の心のケアのカウンセリングを行っています。

 

ご相談者さまの「心に寄り添い」「最大限に自己解決能力を引き出す」ことを何よりも大切にしています。

 

口コミで知名度も上がり(ありがとうございます)、リピート率も高いため、最も予約が取りづらいカウンセラーと化しています(^_^;)。

 

最新記事情報は、ブログにてお知らせしています!

 

 

 


 
無料メルマガ サポートブック サービス・料金 カウンセリングのご感想 プロフィール