自分軸を持つことで、夫の不倫問題に対処するための力がつきます

不倫を繰り返さないために・・

こんにちは。
カウンセラーのNAOKOです。

 

不倫をする夫に共通しているな・・と感じることは、

 

妻に対して人間であるがゆえの「不完全さ」を受け入れることができていないことが多々あります。

 

人間なのですから誰でも「完璧な人」なんていないのですが、妻の「できていない部分」を許せなくて、それを持っているであろう不倫相手に求めてしまう。

 

例えば、

 

妻がお料理を作るのが苦手な場合は、不倫相手は完璧なまでの料理上手だったり。

 

この場合、不倫をする人の脳内は「パズル」になっているんですね。

 

自分が思い描く絵があって、ピースが一つ足りない。

 

 

それを妻に満たしてもらおうと思っても、妻にとっては苦手な部分なので、その一つのピースを他者に満たしてもらおうとする。

 

(色違いのピースをはめても不格好ですよね・・・。)

 

ただ、妻としてお料理は苦手だけど、他に得意な部分は沢山あります。

 

妻の「不完全さ」を受け入れられない人ほど、実は自分の「不完全さ」を認められないことが多いんですね。

 

不完全であることが自然であるのに、「〜するべき」という思考が強すぎるので、それを相手にも同じように求めてしまう。

 

相手に求めても得られないので、どんどん心は満たされなくなっていきます。

 

出てくるのは「不満」ばかり。妻はあれもできない、これもできない、してくれない。

 

そんな満たされない思いが、不倫へと走らせてしまうこともあるのです。

 

妻の責任ではなく、夫の心の問題です。

 

 

不倫を繰り返さないために大切なことは、「自分の不完全さを認めてあげて、それを許してあげることです。」

 

そうすると、相手の不完全さを受け入れることができるようになります。

 

妻は、この部分はよくできるけれど、この部分はできないんだな・・それは仕方がないな。

 

だって、自分だって完璧ではないから。完璧じゃなくてもいいのだから。

 

この思考が大切ですね。

 

 

私も、最初は現在のパートナーに「完璧さ」を求めているところがありました。

 

でも、「俺は完璧な人間ではないよ」「完璧ではないけれど、成長はしていける」と言われたときに、「ハッ」と気づかされました。

 

自分だって完璧じゃないじゃない。

 

自分は完璧じゃないといけない、そうじゃないと愛されないという価値観があったのでしょうね。

 

それを気づかないうちに、パートナーにも求めてしまっていました。

 

これを心理学では「投影」といいます。

 

「気づかせてくれる」って、とてもありがたいことです。

 

 

もし、夫に「完璧さ」を求められたときは、

 

「私は完璧な人間じゃないよ」

 

「あなたは完璧な人間なの?そうじゃないといけないの?」と聴いてみてあげて下さい。

 

言われて初めて気がつくことも多いですからね(^_^;)。

 

でも、それが自分自身の成長にも繋がるのだと思います。

 

 

その他の記事はこちら

 

<読むだけでカウンセリング〜解決へと導くサポートブック>

 

「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック」(夫の不倫が継続中の方向け)

 

「夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック」(夫の不倫が終わっている方向け)

 

 

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)のプロフィールはこちら

 

サービス・料金・ご予約状況はこちら

 

不倫問題専門 心理カウンセラーNAOKO(松宮直子)

 

1974年 東京生まれ。H28 5月〜富山県から東京へ拠点を移しました。更に活動の幅を広げていく予定です。

 

相談実績2,500件以上 主に、夫の不倫問題に対処するためのカウンセリングや、夫の不倫後の妻の心のケアのカウンセリングを行っています。

 

ご相談者さまの「心に寄り添い」「最大限に自己解決能力を引き出す」ことを何よりも大切にしています。

 

口コミで知名度も上がり(ありがとうございます)、リピート率も高いため、最も予約が取りづらいカウンセラーと化しています(^_^;)。

 


 
無料メルマガ サポートブック サービス・料金 カウンセリングのご感想 プロフィール